難関中学受験を考えている親へ

中学受験対策

難関の私立中学の試験問題はかなり高レベルです。
小学5,6年の、人間的成長にとって極めて重要な時期を、
塾通いと受験勉強でつぶさない限り、合格は厳しいと言えます。
ここでは、その選択の是非は議論しません。

難関の中学に進学するには、遊び/スポーツ/友人を諦めて、
それだけの覚悟は必要だと言うことです。

しかし、別の観点で考えれば、中高一貫教育なら、
高等入試や大学入試のために、時間とお金を費やす必要が
大変少なくなります。
単に受験時期が変わるだけ、と言う考え方もできます。

難関中学入学後の落ちこぼれ問題

難関中学での入学後の傾向は、
学力下位の子供グループは、総じてやる気を無くし、
落ちこぼれて行く率が高い、と言う点です。
負の連鎖の典型図にはまる子が、難関中学には常に相当数います。
学校側では、ほとんど助けてくれません。

普通の中学に入れば、トップクラスで、
その結果、その後の人間形成に大きなプラスになることも多いのに、
難関中学へ入ったが故に、人生をつぶしてしまう子が、
成功する子と同数程度は存在します。

あえて無理をせず、ランクを下げたほうが、
その後は、却って成長するケースも多いのです。
子供の性格を考え、良く子供と話しをして、
入試だけのために、決して過大な期待をかけないことです。
親のエゴだけはやめましょう。

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣。

中学受験専門プロ家庭教師の中学受験家庭教師ドクター